2017年8月 9日 (水)

シャツ

先月までは上着なし、長袖シャツ腕まくりでささやかに抵抗していましたが、もう駄目。先月の末ごろから、半袖シャツ、ネクタイなし、当然上着なしで許してもらっています。この間の出張先が29度で、不覚にも「過ごしやすい」と思ってしまいました。

この半袖シャツの柄、このところ、白無地がうんと増えてきたような印象。当地が田舎だからなのか、職場が保守的だからなのか、あるいは無難なところに落ち着いてきているのか。これはこれで制服化してきているような感じです。ストライプすら、見ることが少なくなりました。

況んやカジュアルをや。時々会議などで派手なシャツの人に会いますが、ちょっとぎょっとしてしまうのも事実。こういう発想に向いていない、ということかもしれません。ただ、中高生の制服のようではなく、どこか一本ラインが入っていたり、襟やボタンがちょっと工夫されたりしていて、そういう局地戦は展開されているようであります。

ところで、半袖シャツにネクタイ、最近少し盛り返しているような感じ。これまた保守的な風土だからでしょうか。僕はノーネクタイで過ごしていますが、ネクタイ着用、決して悪い感じはしないです。暑さに勝てれば、あれも良いのですけれどね。

|

2017年8月 8日 (火)

敗戦

母校野球部の甲子園、初戦で敗れました。ミスや緊張は避けられないとはいえ、全国大会で勝つのは簡単なことではない、とあらためて思わされました。雨天中断は双方にとって同じ条件ですから、それは理由にはなりますまい。むしろ当方の投手は中断後に調子を取り戻したようにも見えました。

しかしながら、きわめて月並みな感想ではありますが、感動をありがとう。ベスト16以降(本県ではここからが県大会)は強豪私立との連続対戦で、一戦ごとに戦いながら力を伸ばしていった、という印象。そういう過程に立ち会えたのも、嬉しいことでしたし、三十数年前の暗黒の高校生時代を、懐かしく思い出す契機にもなりました。いやー、なかったことにしておきたい。

現チームのバッテリーは2年生なので、今後も期待できますが、まずはしっかり疲れを取って。そのうえで心配なのは、勝利至上主義になったり、結果が伴わないと満足が得られなかったりすること。僕も含めて周囲は、期待値をもう一度ゼロに戻して、あたたかく、辛抱強く応援し続けることが大切なのだろうと思います。

雨中で(宇宙で、と変換されましたが)応援した長女。風邪をひかずに帰ってくると良いのですが。今月下旬はバレエのコンクール。こんどは自分が頑張る番ですな。いや、僕もちょっとは頑張らないと。

|

2017年8月 7日 (月)

弾丸ツアー

野球部が甲子園出場を決めた僕の母校・長女の在籍校。もう少しゆっくりすれば良いのに、初日の試合になりました。台風で順延されて、明日が初戦。長女は今夜、応援バスで甲子園をめざします。

ゼロ泊3日の弾丸ツアー。試合開始予定は13時ですから、前夜22時出発では、どう考えても時間が余ることと思います(もちろん、あらゆるトラブルに備えて、ということなのでしょう)。帰着予定は翌日の午前6時半。これも、電車やバスの始発を考慮して、ということだと思いますが、応援バス22台が時間調整できる場所はなく、おそらくは途中のサービスエリア等で大休憩、ということなのでしょう。試合後の帰路では、どこかに寄ってお風呂にも入るとか。運転手さんにも休んでもらえるし、安全で良いですね。

二日連続の車中泊などというのはぞっとしますが、高校生の長女にとっては、それも(いや、それこそが)高校生のころの楽しい思い出として記憶されることでしょう。

どうでも良い昔話を付け加えると、僕が高一の時の甲子園応援は臨時列車(在来線)、大学一年の時の応援は、夜行(貸し切り)バスでした。

|

2017年8月 6日 (日)

サマージャンボ

性懲りもなく、宝くじを買いました。しばらく前に三千円が当たっただけで、このところ、ずっと末等のみ。世のため人のために寄付を続けているということで。

実際、定年までに一度は当てておかないと悲惨な老後が待っているような気がするのですが、来年は50歳、そろそろ本気で考えないといけないのかもしれません。いや、もう遅いのかも。

しかしまあ、○億円当たったら、と考えるのは、なかなか楽しいものです。何を買って、という物欲方面ばかりですが、鉄道旅行も良いですねー。

当たったら独り占めしないで、一部は寄付をするのが良い、と言われます。300円当たったら、30円くらいは寄付をすべきなのでしょうか。きっとそうでしょうね、額は問題ではない。

|

2017年8月 5日 (土)

速度

とある乗り物(長距離)で隣に座った人が、缶ビールを取り出して(青いプレモルでした)飲み始めました。僕は帰宅してから、と思っていて、もう、うらやましいのなんの。

ちらちら見ながら思ったのですが(およしなさい)、世間の人はこんなにゆっくり缶ビールを飲むのか、という驚き。僕など、はじめの二本くらいは一気ですし、飲み会のときも、最初の一杯はすぐに空になる、という印象だったのですが、単にそういう人たちを引き寄せて飲んでいるだけだったのですねー。

これくらいゆっくり飲めば、量も増えないし、身体にも負担をあまりかけないだろうとは思いますが、ギューッと飲むものではないのかね、とも考えたり。

ところでこの方、「じゃがりこ」をつまみに飲んでいらっしゃいましたが、これがまた、美味しそうでした。

|

2017年8月 4日 (金)

癒やし

とある企業の若い方数名と飲み会。特段ありがたい話などもできるはずがなく、どこまで行っても雑談の域を出ません。

ある方が、職場(一般的な事務っぽいオフィスを連想していただければ良いです)が殺風景で、癒やしがほしいとのこと。

ベストは猫がいて自由に歩き回っていることなのですが(これには全員が深く賛成)、そういうわけにもいかないので、魚とか、植物とか。まあしかし、癒やしを欲せざるをえない、その原因を除去しないと、なんて話に落ち着いていくのでした。

自分たちのエリアだけ一段高くして掘りごたつをつくり、その足下に猫がいる、というのが実現可能性を度外視しての、第一位でした。

|

2017年8月 3日 (木)

親切

午後から出張仕事。メンバーには、けっこうお年を召した方がいらっしゃって、「最近、ものが見えづらくてねー」なんて話。

夕刻、仕事終了。「バスで帰りますのでおかまいなく」と部屋を出かけると、先ほどの視力不調先輩が「私が車でお送りしましょう!」と、力強く誘ってくださいました。

相当ドキドキしましたが、事故にも遭わず、こうしてブログを書くことができています。ありがとうございました。

|

2017年8月 2日 (水)

革命

今年のはじめに、時間調整でふらりと立ち寄った街の本屋さん。手ぶらで出るのも悪かろうと買ったのが本書。ずっと手に取れずにいて、先日から電車の中で細切れに読み進め、ようやく読了しました。

いや別に、革命を起こそうとか、そういう大それたことを考えているわけではありませんよ。面白がってはいけませんが、まさに人間模様でした。

結論は「おわりに」の最後の二文(232ページ)に集約されているのだと思いますが、さすがにここを引用するのは営業妨害なのでやめておきます。いやほんと、そうですよね。

47 池田嘉郎『ロシア革命 破局の8か月』(岩波新書、2017年)

|

2017年8月 1日 (火)

誠実

抽象的な言い方しかできないのですが、わりと「えらい人」が僕の職場に面談に来られることになり、部屋などいそいそと整えて待っていたところ、お一人でいらっしゃいました。

いわゆる「鞄持ち」的な人を従えて来られるだろうと思っていたので、びっくり。そういえば、そういう性格の方だったな、ということも同時に思い出しました。

一時間ほど、あれこれお話しして、まあ何とか「成果」といえるものを持って帰っていただけたのではないかと思います。

誠実さって、大事ですよねー。僕には欠けているものです。

|

2017年7月31日 (月)

移動睡眠

午前中職場で仕事、お昼を食べて、午後出張仕事、というパターンのときは、だいたい電車で眠っています。午後の仕事の前に二十分くらいでも寝ると、頭がはっきりするんですよねー。ですから、移動中の睡眠については良いイメージをもっていたのですが。

某国会議員氏が、移動中の新幹線で寝ているところを写真に撮られて、まあ、寝方とか、隣にいた人とか、いろいろ問題はあったのですが、その記事に、「国会議員を見ることは多いが、移動中は本や新聞、資料などを読んでいる」というコメントがあり、居眠り駄目なのね、と思った次第。

ま、良いです。明日のために今日は寝る(男おいどん風)。

|

«了解牧場