2019年7月13日 (土)

世代

飲み会(またですか)。

今日のメンバーは、ほぼ同世代の男性6名でした。

やっぱり、飲まないと話せないことといいますか、飲んだからこそ話せることといいますか(同義?)、そういうことはあると思うんですよね。ゆえに飲み会。でもきっと、「若い世代(の一部)」には受け入れてはいただけないのでしょうな。もう、こんなふうに育ってしまったので、そして、五十を過ぎて改められそうにもないので、飲み会に付き合ってくださる方々を大切にしたいと思います。

お酒の有無だけではなく、話の中身も同世代、ということで楽しかった。もし仮に、仮の話として(強調)、わたくしが20歳くらい年下の人と結婚するなんてことになったら、きっと、話が合わないだろうなあと思うわけです。(では、20歳年上だったら、と考えるべきなのでしょうが、この話題はここまで)

とはいえ、うちの妻は二十歳で年を取ることをやめていますので(長男にはすでに抜かれています)、年の差夫婦といえないこともない。

|

2019年7月12日 (金)

クルマ

昨夕は出張仕事のあと、メンバーのみなさまと飲み会。

若い人(二十代)もずいぶんいらっしゃって、たまたまそういう人たちが集まったのか、みなさんクルマ好き。若者のクルマ離れ、なんていいますけれど、このエリアは無縁でした。

なかでも飛び抜けてのクルマ好きの方(二十代女性)は、次はBMWにするつもりなのだとか。他はいくら切り詰めても良いのでクルマは妥協しない、ということらしいです。

彼女の話を聞く私たちは「国産も良いんじゃないの」と少し反論。そして、僕も含めてそこにいる全員がホンダ派なのでした。僕は一年ちょっとの新参者ですが。

遅くなりましたが、F1オーストリアグランプリ優勝(13年ぶり)おめでとうございます。

|

2019年7月11日 (木)

冷やし中華

午前と午後で別の用務先の終日出張。移動途中で昼食にして、ラーメン屋さんの冷やし中華を選びました。今季初、令和初。

ごまだれと醤油とどちらにするかと聞かれて「どっちがおすすめですかねー」と聞いても店員さんは無言。醤油にしました。ええ、美味しゅうございました。

注文したあと、来るのを待っていると、冷房でだんだん身体は冷えてきて、両隣からは豚骨の良い匂いがしてきて、やはりラーメンにすべきだったか、などと思いますが、冷やし中華、良かったです。麺がラーメンなのはご愛敬か、これもスタイルか。

梅雨はまだ明けていないのですが、夏らしいもの、いただきました。

|

2019年7月10日 (水)

復帰

なんと、一か月もあいてしまいました。先月末にあった大きなイベントの実行委員を拝命していて、他の実行委員のみなさまとともに打ち込んでいたといいますか、振り回されていたといいますか。とにかく、更新に気が回りませんでした。イベントは何とか終了。

しかし、ブログも更新できない生活というのは、やはりよくありませんね。荒んでいる気がします。スポーツクラブにはなんとか週一くらいは行くようにはしましたけれど、またゼロからやり直し、という感じです。

これから少しずつ余裕が出てくると思いますので、更新、がんばりたいと思います。

本日は、わたくし51歳の誕生日。そういう意味でも新規まき直しということで。

|

2019年6月 9日 (日)

溺れる

この年になって水着を買い、スポーツクラブのプールで泳いでみることにしました。

膝にもともと痛みがあり(きっと体重増のせい)、ランニングマシンばかり使っていると駄目になると思ったので、負担の少ない水中で、と考えた次第。

ジムエリアが混んでいても、プールは人影まばらです。まずは水中歩行。ウォーキングコースの一部の床がでこぼこになっていて、これが痛い痛い。たぶん内臓がよろしくないのでしょう。

しばらく歩いたあと、レーンを移動して(ゆっくりコース)、思い切って泳いでみました。いやー、死ぬかと思った。これほど体力がないとは(もともとなかったので衰えたともいえない)。イッテQ!の遠泳部のみなさん、すごいなーと尊敬しました。

またまた、ぜいぜいハーハーになりましたが、ま、気持ちは良い。ジョギングとプールと、交替で取り組んで、膝に負担をかけないようにしたいと思います。

|

2019年6月 8日 (土)

見積もり

大変そうだと思って先送りにしていた仕事、思い切って手を着けてみると、あら不思議、短時間で完了という話をよく聞きますが…

大変そうだと思って先送りにしていた仕事、思い切って手を着けてみると、予想以上に時間がかかってぐったり、という日でした。

しかもこれくらいの時間で終わると、短く見積もっていたので、午前中、スポーツクラブへ寄ってからの土曜出勤。もうヘトヘト、と思いきや、身体を動かすと案外疲れにくいということを発見したりもしています。いやもう十分疲れていたのかもしれませんが。

|

2019年6月 7日 (金)

『ノルウェイの森』

村上春樹さんの『走ることについて…』を読み終わったら、なんだかもっと読みたくなって、『ノルウェイの森』を再読。既読でも、ぜんぜん問題ありません。

それまでほとんど覚える気のなかった東京の地理を、長女の独り暮らしを機に、少しずつ覚えようという気持ちになっていて、小説中の地名も、なんとなく迫ってくるようになりました。ときどき地図を見たりして。

僕の「初春樹」は、この『ノルウェイの森』。ブームに乗ったようで少し恥ずかしいのですが、事実なので仕方ありません。しかも妻(当時は結婚前)から借りて読んだ、というのが「初春樹」。ふだん、妻とは選書ゾーンがほとんど重ならないのですが、奇遇でした。

24 村上春樹『ノルウェイの森 上』(講談社文庫、2004年)
25 村上春樹『ノルウェイの森 下』(講談社文庫、2004年)

|

2019年6月 6日 (木)

テンション

スポーツクラブに通うにあたって、運動に取り組むモチベーションを上げねばと、村上春樹さんの『走ることについて…』を再読。

もちろん、走るって良いなという気持ちにはなれましたが、こちらはエアコンの効いた室内でランニングマシーンです。とはいえ、これが良いのです。

これまでも自宅の周囲を(歩くだけでなく)走ってみたこともありましたが、鍵と電話をもっていかなければならないのが大変。で、結局、ウォーキング止まりだったのでした。荷物をロッカーに入れ、必要なものはマシンの近くの目の届くところに置いて走れるっていうのは、やっぱり良いですね。

マシンにはテレビも付いているのですが、ぜーぜー言って、見る余裕もありません。

23 村上春樹『走ることについて語るときに僕の語ること』(文春文庫、2010年)

|

2019年6月 5日 (水)

入会

長女が家を出て一人暮らしをするようになって、それまで週5・6日通っていたバレエ教室の送迎や面倒見をしていた妻が、少し暇になりました。僕はこれを機に猫と暮らしたかったのですが、そうもいかず、これまたかねてからの構想だったスポーツクラブ通いを始めることにしました。見た目もそうなんですけど、内側の、何とか値とかが、いろいろ大変なので。

6月入会で、妻は1日から通っているのですが、僕は出張などあって、今日が「初回説明会」。身体測定(言い逃れようのない「肥満」と、高い体脂肪率に貧しい筋肉)と施設の使い方の説明をしてもらって、あとはご自由に、という感じです。

もう、こうなったら後戻りできません(会費二か月分取られちゃったし)。しばらくは暑苦しい話題が続くと思いますが、ご容赦ください。

|

2019年6月 4日 (火)

ときわ

書き忘れていましたが、水戸からの帰り、東京までは「ときわ」に乗りました。車両は同じですけれど、行きは「ひたち」だったので。いわゆる「急行」タイプで、こまめに止まる分、じっくり外が見られました。東日本に限りませんが、もう車内販売もないし、「特別急行」感は、ほとんどないですねー。ま、それでも指定席ですし、シートは快適。

水戸駅のホームには、鹿島臨海鉄道が止まっていました。せっかく水戸まで出かけたのに、鹿島臨海鉄道にも、ひたちなか海浜鉄道にも乗らず、JR水郡線や水戸線にも寄らずに、行きと帰りを全く同じルート(しかも特急)で移動するなんて、鉄道趣味者としては恥ずかしい限りです。

今のところ「ついでルール」(出張等で「たまたま」近くに行ったときだけ乗ることにして、わざわざ「乗り鉄」はしない)を自分に課しているので、絶好の機会だったわけですが。だんだん「体力温存」の方が優先されるようになってきているのかも。悲しいことです。

|

«歳月